jw_cadで図面の縮尺変更

jw_cadで図面の一部の縮尺を変更したい場合、レイヤーグループごとの縮尺が設定出来るので、あらかじめ変更したい縮尺を設定したレイヤーグループを作っておき、そこにオブジェクトを移動させると良いでしょう。

具体的な操作方法は・・・
まず、新しいレイヤーグループの設定を行います。
WS000007-1
左側がレイヤーグループ右側がレイヤーグループ内のレイヤー。この画面の状態だと[0]レイヤーグループの[2]レイヤーってことになります。
レイヤーグループとレイヤーの切り替えはマウスの右クリックで行います。
ここで画面右下の縮尺が書かれている部分をクリックすると縮尺設定画面が現れます。
WS000007-2
WS000008
ポイントは「全レイヤーグループの縮尺変更」にチェックを付けない事です。変更したい縮尺を入力して「OK」で右下の縮尺が変わったことと思います。
図形の移動は「移動」ボタンクリックです。移動させたい図形を選んで「選択確定」をクリックすると図形の色が紫色に変わったと思います。画面左上を見ると「元レイヤ・線種」となっていますが、このままではレイヤー移動できません。そこで、左上の「作図属性」をクリックするとこのような画面が出てきます。
この中の「書き込みレイヤグループに作図」にチェックを入れます。「OK」をクリックすると、先ほどの画面が「書き込みグループに作図」に変わりました。この状態で図形を移動させればレイヤーも移動します。
移動した図形に寸法線を作図すれば、縮尺にあった寸法を引くことができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク