Autocad LT 新機能 グリップ編集

ダイナミック入力必須の機能ですが、結構便利な機能です。

WS000036

これは、直線での例ですが、オブジェクト選択後、グリップをクリックするとこのような状態になります。ここでTABキーを押すと、短点・長さ・角度に切り替わって修正可能になります。わざわざ長さ変更コマンドを実行しなくてもすぐに修正できます。

円弧や寸法でも同様に即座に修正可能な部分があるので、慣れるとかなり便利です。問題はダイナミック入力が結構動作に効くことでしょうか・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク